スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車(シティサイクル)の後輪タイヤとチューブを交換してみた

乗車中に後輪タイヤがバーストし走行不能となったため
手で押しながら歩いて何とか自力で戻ってきた
わけですが、
当然このままでは自転車に乗れないためタチ交換しました
(作業方法は横着な部分もあるので参考程度に)。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_01.jpg

帰る最中に立ち寄ったホームセンターで急遽購入したタイヤと
バルブ付きチューブとリムテープ(合計1800円くらい)を準備し、
久々に自前の工具箱を引っ張り出して作業開始。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_02.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_03.jpg

まず念のために、リム刻印とタイヤのサイズ表記が
合っている事(私のは27×1 3/8 WOでした)を再確認。
※幅はインチ→センチ換算で1 3/8=1.35inch=3.4925cm。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_04.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_05.jpg

そして、黒い樹脂バルブキャップと金属バルブナットと
英式バルブコアおよびロックナット(10mm)を外します。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_06.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_07.jpg

タイヤレバーが無かったため、長いプラスドライバーを
片側の隙間に突っ込んで、テコの原理でグイグイっと数回
動かしてから手で外します(ちょっと強引だったかも)。
今回は手持ち道具を使って無理やり行ったのですが、
再利用する場合は専用タイヤレバーを使った方が無難です。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_08.jpg

チューブを出してみると擦れ跡があって何やら嫌な予感が(汗。

…と、ここまでは普通のパンク修理とほぼ同じ手順ですが、
こっからがリアドラムブレーキなどを装備したシティサイクル
(ママチャリ含む)特有の面倒な作業になります。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_09.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_10.jpg

リアブレーキ周辺のブラケット固定ボルト(8mm)は上側を緩め
下側を外し、ブレーキワイヤー固定用ナット(10mm)も外して
ブレーキユニットごと動かせるようにします。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_11.jpg

作業しやすいように自転車を裏返して、チェーン張り調整時
にも活躍したギタースタンド
にフレームを引っ掛けて固定。
ハンドル周辺の傷防止にダンボールの切れ端を敷いてます。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_12.jpg

樹脂製ハブナットカバーをマイナスドライバーで外して、

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_13.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_14.jpg

ハブナット(15mm)、金属ワッシャー、泥除けステー、スタンドを
外したのち、左右のチェーン引きナット(10mm)を緩めます。
この時ハブボルトの共回りを抑えるため、両側からプライヤーと
ラチェットレンチを使用しました。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_15.jpg

続いてフロントスプロケットに掛かってるチェーンを外します。
再度取り付ける時は上から嵌めて右回転(後向き)すると
入りやすくなります。それにしてもチェーン周り汚すぎ(汗。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_16.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_17.jpg

車輪を手前に引き抜いてタイヤとチューブを手で外します。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_18.jpg

古いチューブとタイヤはシンコー製DEMING L/Lでした。
ネットで評価を調べると安価な割に長寿命らしいのですが、
かなりの年数と走行距離(放置期間を含め6年半で7000km前後くらい?)
だったため経年劣化を考え両方とも交換。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_19.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_20.jpg

ちなみに、タイヤのゴムはヒビ割れて特に中央は磨耗しきって
ペラペラに薄く、ケーシングの糸も切れてボロボロ…iliorzili。
パッチ修理跡のあるチューブも大穴開いてて完全にアウト。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_21.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_22.jpg

亀裂や凹みが生じてたリムテープも交換のため外します。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_23.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_24.jpg

リムテープとチューブの新旧比較(それぞれ上が古い物)。
こうして並べると結構伸びてたのが良く分かります。
虫ゴムも根元から千切れてたのでバルブコアごと交換し、
前輪の虫ゴムも同様に傷んでたので新品に付け替え。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_25.jpg

アルミリムは過去に2度リム打ちパンクしたため少し歪んでますが、
走行不能なほど致命的ではないのでしばらく様子見。
バルブ穴付近の腐食もさほど問題は無さそうです。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_26.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_27.jpg

リムテープは穴に合わせてドライバーを差し込んで固定し、
両端を持って左右均等に力を加えつつ装着。
その際にバルブ穴を見てズレてない状態ならOKで、
もしズレていたら無理に引っ張らず初めからやり直し。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_28.jpg

新品タイヤをリムに片側だけ入れた後で、バルブ側から
チューブを入れます。この時バルブコアとナット類を仮締めし、
少し空気を入れるとチューブを中に押し込みやすくなります。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_29.jpg

チューブが問題なく入ったら、タイヤ全周を手で揉みつつ
ビートをリムの中に入れていきます。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_30.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_31.jpg

タイヤを全てリム内側に入れたら、バルブ先端を指で押してリムと
ビートの間にチューブが挟まってない事を確認したのち、ロックナット
などを本締めして空気を入れ漏れなどが無いか慎重に確認
(このナット類はスパナなど工具を使わず手締めにします)。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_32.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_33.jpg

あとは分解時と逆の手順で組直すのですが、チェーン引き
(装着方向に注意)を締めていく際にスタンド側の隙間が狭く、
メガネレンチでも入れるのに苦労しました(汗。
※組み付ける際ワッシャー(スペーサー)の位置にも気を付けないと
チェーンラインがズレて不具合が出たりする
ので注意。

20121128_bicycle_tire_tube_replacement_34.jpg20121128_bicycle_tire_tube_replacement_35.jpg

何とか組んだのちポンプで適正空気圧まで入れて完成。
ついでに軽くチェーン注油と清掃も行いました。
やっぱり変えたばかりの新品タイヤは見た目も良いですねー♪
錆だらけの車体には違和感あるけど気にしない(汗。

その翌日に最終テストを兼ねて30km以上走ってみましたが、
特に問題無く正常に機能しているため大丈夫そうです。
写真撮りながらの作業で時間は掛かったものの、自転車屋さんに頼んだら
5000円くらい取られる事を思えば2000円弱で済んだので良かったです。

今回変えたタイヤとチューブおよびリムテープは以下3点。
チューブとリムテープはWINTEC製で一部下記とは異なりますが、
見た目や性能などは殆ど変わらないと思います。

共和 自転車用タイヤ 1本 黒24インチ 26インチ 27インチ ※チューブは付属いたしません
共和 自転車用タイヤ 1本 黒24インチ 26インチ 27インチ ※チューブは付属いたしません

※しばらくして後タイヤにトラブルが生じたので、共和ミリオン製を
選ぶのは正直あまりオススメしません(後述)。

自転車チューブ 27インチ 一般軽快車・シティ車用 WOタイプ 1本分 14505-1-BP19
自転車チューブ 27インチ 一般軽快車・シティ車用 WOタイプ 1本分 14505-1-BP19

[自転車][オッフル]リムフラップ 2本組 軽快車用
[自転車][オッフル]リムフラップ 2本組 軽快車用

前輪は今のところ持ち堪えている状態とはいえ、いつパンクするか
分からないので早めに交換したいなぁと考えてたり。

2013/05/09追記:
約5ヶ月経って前輪タイヤがスローパンクしたため、瞬間パンク修理剤を
使って応急処置
しました。後輪タイヤは今も問題なく機能しています。

2013/07/27追記:
半年ちょっとで後タイヤのサイドウォールにヒビ割れが生じたので、
よほどの事情が無い限り以下のものが無難な気がします。

シンコー デミング L/L 黒/黒 SR-078タ・チペア巻き タイヤ2本 チューブ2個 【タ・チペア】【シンコー】【タ】
シンコー デミング L/L 黒/黒 SR-078タ・チペア巻き タイヤ2本 チューブ2個 【タ・チペア】【シンコー】【タ】

2013/09/19追記:
走行距離9100kmを達成して前輪タイヤが限界を超えたため、チューブごと
新品に交換
して現在も快調に動いてます。

2014/11/07追記:
後輪側は約2年4100km(積算距離で約11200km)経過後にバーストしたため、
後日タイヤとチューブをパナレーサー製(新品)に交換しました。
関連記事
タグ: 自転車 メンテナンス シティサイクル ママチャリ タイヤ チューブ タチ交換 パンク バースト 修理

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。