スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイソーの自転車用瞬間パンク修理剤を使ってみた

約5ヶ月前にバーストした後輪チューブとタイヤを交換してからも
前輪タイヤはそのままでしばらく乗り続けてたんですが、
1ヶ月ほど前から空気を目一杯入れても翌日に殆ど抜けてしまう
スローパンクチャーを発症しちゃいまして(´・ω・`)。

20130509_daiso_instant_puncture_repair_01.jpg20130509_daiso_instant_puncture_repair_02.jpg

そこで、今年初め頃にダイソーで買った瞬間パンク修理剤
(70ml缶で315円の中国製)を「いつ使うか?今でしょ!」という
場の流れもあって試す事にしました。

※実は購入した数日後に105円安い210円になった事を知って
少し後悔(パッケージは変わってますが中の成分は同じ)。

20130509_daiso_instant_puncture_repair_03.jpg20130509_daiso_instant_puncture_repair_04.jpg

気を取り直して、タイヤ表面に釘やピンなどが刺さってない事
を確認し、空気を全部抜いてからバルブを元通りに組んで、
説明書通りにノズル先端を下向きにしてパンク修理剤を注入。

20130509_daiso_instant_puncture_repair_05.jpg

ノズルを引き抜くと白いベトベトした液体というより泡が
吹き出てくるので、ウエスなどを用意して綺麗に拭き取ります。

20130509_daiso_instant_puncture_repair_06.jpg

これで十分かと思いきや、虫ゴムの圧力に負けたのか
27インチタイヤの8割ほどしか中身が入らず、最終的には
手動ポンプで空気を入れ直す羽目にorz。

20130509_daiso_instant_puncture_repair_07.jpg

注入後すぐ200~300mほど走行するようにと書いてあったので
10kmくらい漕ぎましたが、空いた穴はちゃんと塞がったらしく
乗ってる最中も空気漏れの気配は無かったです。

ただ成分中のLPG(プロパンガス)は抜けやすい事もあってか、
翌日に空気圧が半分くらいまで減ってポンプで空気を足した
くらいで、以降は殆ど圧力を保ったまま現在に至ってます。
※ちなみに作業そのものは2週間近く前に行いました。

デメリットとしては、空気圧と遠心力で穴を塞ぐ仕組みゆえ
リム内側やサイドに対しての穴塞ぎ効果は期待できないのと、
入れた分だけタイヤ重量は確実に増えます(…と言っても
シティサイクル自体の重さに比べたら微々たる差ですが)。

あとゴムパッチとチューブが密着しにくいなどの理由(?)で
自転車屋さんからパンク修理を断られたり、耐久性についても
未知数なところがあるため、何れにせよチューブ交換といった
本修理以外に解決策は無く応急処置用といった感じです。

もちろん大穴開いてたり裂けている場合は使えませんが、
場所を問わず手軽にパンク修理可能かつ持ち運びも楽なので、
緊急時の一時しのぎ程度には十分使えると思います。
…なんて書いてたらまた交換時期が延びそう(汗。

【即納】マルニ 自転車用瞬間パンク修理剤 75ml
【即納】マルニ 自転車用瞬間パンク修理剤 75ml

こっちはダイソーよりも価格は高めですが、大手日本メーカー品
なので安心感はありそうです。
ただし英式バルブ専用なので、米式(BMX・MTB・クロスバイクなど)や
仏式(主にロードバイク)の場合は以下の変換アダプターが別途必要です。

[自転車][パナレーサー]【店舗受取不可】米式バルブアダプター 米式→英式に変換
[自転車][パナレーサー]【店舗受取不可】米式バルブアダプター 米式→英式に変換

PanaracerNTアダプター 仏式→英式フレンチバルブアダプター
PanaracerNTアダプター 仏式→英式フレンチバルブアダプター

07/30追記:
約3ヵ月(600kmくらい)経ってタイヤの経年劣化で穴が開いたためパンク
しましたが、それまで持ち堪えたので実用上の耐久性はあるようです。
関連記事
タグ: 自転車 メンテナンス シティサイクル チューブ パンク 修理 ダイソー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ソラリスさんどうもです~。
なるほどこういった応急措置法もあるのですね、スローパンク程度ならこれで充分だと思います。確かに重量増は気になる所ですが、シティサイクルならこんなもんでしょうか?

No title

KIさま>
どうもなのです~。
パンク修理剤はあくまで緊急用手段のはすなんですけど、
1ヶ月以上経った今も空気漏れなどの不具合は生じてません。
タイヤ重量増に関しても中身の量は微々たるものなので、
街乗り程度なら影響は出にくいと思います。
プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。