スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シティサイクルの前カゴが壊れたので外しました

実は以前からすごく気になっていた事なんですが、

20130602_bicycle_basket_remove_01.jpg

前カゴの金網が経年劣化で破れて錆が浮いてるのと、
普段の用途で荷物を多めに載せる機会も殆ど無いので、
軽量化ついでに思い切って取っ払う事にしました。

20130602_bicycle_basket_remove_02.jpg20130602_bicycle_basket_remove_03.jpg

まずランプ掛け側のボルトやナットをプラスドライバとスパナで
緩めて外し、前輪ハブナットで共締めされてるカゴ足もソケット
レンチを使い外します(ハブワッシャーなどを無くさないよう注意)。

20130602_bicycle_basket_remove_04.jpg20130602_bicycle_basket_remove_05.jpg

あとは泥除けステーと共にハブナットを締めて作業完了。
外した前カゴ関連パーツの合計重量は925gもありました。
ついでにランプ掛けも外したかったのですが、以前書いた
ステム固着
が改善されないため付けたままです(´・ω・`)。

20130602_bicycle_basket_remove_06.jpg20130602_bicycle_basket_remove_07.jpg

というわけで、見た目は少しスポーティーに変わりました!!
前カゴを無くした事で約1kg程度軽くなったため、平地なら
片足スタンドでもタイヤ位置は真っ直ぐのまま停車可能。
しかし隠れてたフェンダーの錆が余計目立つ羽目にorz

フロント軽量化の恩恵でハンドリングと走行安定性が良くなり、
段差乗り越え時のショックも軽減されたので、以前に比べ
腕や身体などが疲れにくくなったのと、空気抵抗も減って
向かい風でも割と楽に漕げたりと、改造前より明らかに
違いを体感できるほど効果がありましたヽ(´▽`)ノ♪

当然ながら積載量や買い物時の利便性は減るんですが、
そもそも自転車で運べない大物は自動車やネット通販の
宅配など他の手段を使うか、店頭で買ったり入手しない
と決めているので無くても大丈夫そうです。
荷物運ぶ必要がある時はバッグ背負えば済みますし。

それでも普段使いの利便性を考えると、ちょっとした荷物用に
着脱式の前カゴを使う方法もありかなと思ったり。

OGK技研 『FB-005AX/b』FB-005AX ATB&クロスバイク用簡単着脱バスケット/ブラック [210-30001]
OGK技研 『FB-005AX/b』FB-005AX ATB&クロスバイク用簡単着脱バスケット/ブラック [210-30001]

06/20追記:
ハンドルステム固着を何とかしたついでに前泥除けを外しました。

2015/08/05追記:
何だかんだで前カゴを復活させました。
関連記事
タグ: 自転車 改造 シティサイクル ママチャリ 前カゴ 軽量化

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ソラリスさんシティサイクルが一気にスポーティーになりましたね、乗っていてもカゴがあるとないとではハンドルの重さが全然違いますよね~。

No title

KIさま>
正直ここまで見た目や性能が変わるとは思いませんでした(汗。
このハンドリングの軽さは癖になりそうです。
プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。