スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリアのランチャーライト9LEDを自転車に取り付けてみた

ここ最近は夕暮れ時から夜間に走る機会が増えつつあるのと、出先で
パンクの応急処置して帰る羽目に
なってから電球式ブロックダイナモ
ライト使用時のペダルの重たさが少し苦痛になってきたので、

20130817_launcherlight_9led_bicycle_01.jpg

前回書いたセリアのランチャー9に、5LEDテールライトの改造で余った
シートポスト取付用ブラケットを組み合わせて自転車に取り付けました。

20130817_launcherlight_9led_bicycle_02.jpg20130817_launcherlight_9led_bicycle_03.jpg

まず樹脂製ブラケットのマウント部分を切り出してクランプに
ダイソーの瞬間接着剤で固定し、その上から滑り止め目的で
ゴム板(同じく5LEDテールライトの部品)を貼り付けて穴を開けます。

20130817_launcherlight_9led_bicycle_04.jpg20130817_launcherlight_9led_bicycle_05.jpg

これをランチャー9と合体させフロントフォークのライトステーに装着
(LEDライトの細い部分で直径25mmとギリギリだったので詰め物は無し)。
ダイナモライトを残した関係で隣に開いてた穴へ無理やりネジ留め
したため工具使わないと外せないんですが、テールライトの電池交換も
似たような感じなので実用上は全く問題無し(そもそも普通の電球より
省エネなのでバッテリ交換頻度は低い)。

20130817_launcherlight_9led_bicycle_06.jpg20130817_launcherlight_9led_bicycle_07.jpg
20130817_launcherlight_9led_bicycle_08.jpg20130817_launcherlight_9led_bicycle_09.jpg

というわけで、夜間の某所にてLEDライトを点灯させてみました。
電池切れなどが無い限り停止時でも周囲を照らしてくれるのと、
前輪スポークに光が当たる事により横からの視認性も向上。
ただし、タイヤに遮られて中央から反対側に影が生じるのと、ダイナモ
ライトに干渉して相手側の斜め上からは光が見えにくいのが難点
(これについては位置調整で対処する予定)。

あとLED自体の出力不足もあるんですが、青白い光は黒い路面
(特に雨で濡れたアスファルトなど)では見えにくくなるので、
街灯のある明るめの場所以外では少々頼りない気がします。
…と言いつつも、光量だけなら長年使った古いダイナモライトより
LEDライトのほうが明るいんですけどね(汗。

とはいえ、駆動ロスが無くなって昼間と同じ軽さでペダリング出来る
メリットは非常に大きくて、長時間漕いでも疲れにくくなった事で
夜間走行の快適性は以前よりもアップしましたヽ(´▽`)ノ♪
ただ上記の通り真っ暗闇での高速走行にはまず適さないんですが、
街中でゆっくり走る分にはこの位の性能でも何とか役立ちそうです。

改造費は本体を含めて実質315円(ニッケル水素充電池は別)と
リーズナブルですが、金額を足せば以下のようなハンドル装着
タイプの物が買える事を思うと費用対効果は微妙かも。

ハイパワー3W自転車用LEDライト ブルー(ハイパワー3Wサイクル&ハンディライト)
ハイパワー3W自転車用LEDライト ブルー(ハイパワー3Wサイクル&ハンディライト)

08/29追記:
数日後にブラケットが壊れたので作り直しました
関連記事
タグ: 自転車 シティサイクル LEDライト セリア 改造

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。