スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シティサイクルの前タイヤをパナレーサーC2に交換しました

ヒビや穴の開いた前タイヤとチューブ(シンコー製デミングL/L)を
無理やり修理
してから事実上の変える変える詐欺を続けましたが、
さすがにグリップ性能が落ちてて危険と判断したので…

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_01.jpg20130918_bicycle_tire_tube_replacement_02.jpg

楽天で安く入手したパナソニック製の一般車用タイヤとチューブ1セット
(パナレーサーC2 5W27-83B-C-P 27インチ 1-3/8WO)に交換します。
※チューブと説明書はタイヤの中に入ってました。

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_03.jpg20130918_bicycle_tire_tube_replacement_04.jpg

重量はタイヤ650g、チューブ+バルブコア178gの合計828gと、
使い古したデミングL/Lの重量(タイヤ594g、チューブ一式188gで
合計782g)より若干重かったですが、磨耗劣化やパンク修理分を
差し引くと誤差範囲かもしれません。

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_05.jpg

計測方法は折りたたみ椅子の上に箱とキッチンスケールを
重ねて、その間を通すようにタイヤを入れて行いました。
今あるものを最大限に活用する、それが私なりの流儀であり
ジャスティスなのです!!懐にも優しいですからね。

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_06.jpg20130918_bicycle_tire_tube_replacement_07.jpg

タイヤ入手後にリムフラップが付いてない事が発覚したため、
ホームセンターまで買いに行く羽目になったり(´・ω・`)。
発売元はウインテックで重量はシンコー製より12g重い32g。

…という前置きはこの辺にして作業に取り掛かります。
※以降は後輪タイヤ&チューブ交換時とほぼ同じ手順なので、
重複する部分の説明は一部省略しています。

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_08.jpg

タイヤの空気を全部抜いてから、前カゴ撤去した時と同じく
ハブナットを両方緩めホイールごと(カゴ足と泥よけステーが
付いてればそれらも)フロントフォーク先端から取り外して、

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_09.jpg20130918_bicycle_tire_tube_replacement_10.jpg

今回はダイソー製パンク修理キット付属のタイヤレバーで
作業しましたが、やっぱり専用工具があると断然楽です。
1/3くらい開いたら手で残りのタイヤビートを外していきます。

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_11.jpg20130918_bicycle_tire_tube_replacement_12.jpg

チューブ外す時にバルブ穴からパンク修理剤が垂れて汚れまくり…orz。
このとき某ネタを連想しましたが自重します(汗。
分解したのちホイールをウエスで掃除する羽目になったものの、
こんな感じで意外とアッサリ外れました。

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_13.jpg20130918_bicycle_tire_tube_replacement_14.jpg

ヒビだらけの旧タイヤは無交換のまま走行距離9100kmを超えてて
損傷はかなり激しいですが、先月初め(約410km前)にゴムパッチと
布ガムテープで応急修理
した部分は何とか耐えてました。

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_15.jpg

チューブとリムフラップを新旧比較すると、後輪の時に比べて
ゴムの伸びや損傷は少なかったものの、走行距離や7年という
長い期間を考えてケチらず両方とも新品に交換。

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_16.jpg

車輪にリムフラップを巻いてタイヤビートを片側だけ入れてから、

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_17.jpg20130918_bicycle_tire_tube_replacement_18.jpg

チューブに少し空気を入れバルブ側からタイヤ内に収めて、
今度は反対側からタイヤビートをリム内へ押し込みました。
新品かつスチール製ワイヤービートなので少し固かったけど、
道具を使わず手揉みでリム内へ入れる事が出来ました。

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_19.jpg20130918_bicycle_tire_tube_replacement_20.jpg

タイヤ全部を入れ終わったら、チューブの噛みこみパンクを
防ぐためバルブを一旦奥に入れる儀式も忘れず行います。
こうして空気を入れた状態で前輪をフォークに嵌めた時に、
タイヤ幅が以前付いてた物よりも少し細い事に気付きまして、

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_21.jpg20130918_bicycle_tire_tube_replacement_22.jpg

デミングL/L(左:幅35mm)の時は空気を抜かないとブレーキシューが
邪魔で出し入れ出来なかったのが、パナレーサーC2(右:幅32mm)なら
空気満杯でも引っ掛からず通せたのは嬉しい誤算。

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_23.jpg20130918_bicycle_tire_tube_replacement_24.jpg

あとは元通りに組んで空気を規定量入れて、ブレーキシューの
クリアランス再調整も行ったのち走行テストして完了。
やっぱり新品タイヤにすると見た目や気分も良いですヽ(´▽`)ノ♪
言い換えれば他のボロさが目立っt…ゲフンゲフンw
スレッドステム固着に挑んだ頃の写真を見ると差は歴然だったり。

以前に比べ乗り心地やグリップ性能は明らかに良くなったし、
なにより乗ってて精神的な安心感が交換前とは全然違います!!
おまけに転がり抵抗や騒音も減ってさすがパナレーサーという
名前は伊達じゃない!!って感じですね。

20130918_bicycle_tire_tube_replacement_25.jpg

しかし最低グレード品という事もあってか、サイドウォールに
目立つシールは無くPanasonicロゴだけで見た目は地味です
(あとは空気圧とサイズとMade in Chinaって書いてあるくらい)。
ただ中国製と言えどパナソニックらしいシッカリした作りで、
後輪に付けた共和ミリオン(インドネシア製)より品質は良さそう。

新品交換後の慣らし運転がまだ不十分なので耐久性とかは
使い続けないと何ともですが、今のところ大丈夫そうなので
費用対効果は高いかもしれません。

【Panaracer】 Cタイヤ タ・チ1本巻 黒 【タイヤ1本・チューブ1個】【パナレーサー】【タ】
【Panaracer】 Cタイヤ タ・チ1本巻 黒 【タイヤ1本・チューブ1個】【パナレーサー】【タ】

ちなみに部品代は税込合計1730円(タイヤ&チューブ1セット
906円+送料525円、リムテープ1本299円)でした。
もちろん作業時間と労力はプライスレス♪
関連記事
タグ: 自転車 メンテナンス シティサイクル ママチャリ タイヤ チューブ タチ交換 修理 パナソニック パナレーサー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

重量を測られているタイヤの写真がすごく可愛らしいです!
やっぱり頭いいなぁ。感心します。

No title

りっちゃんさま>
どうもです~ヽ(´▽`)ノ♪
吊りはかりが無かったので何とか工夫してみました。
プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。