スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンオーナメント製の反射バンドを買ってきました

用事済ませた帰り道で100円ショップセリアに寄ってみたら、
自転車用に丁度良さそうな反射バンドを見つけました。

20140218_seria_reflective_bands_01.jpg20140218_seria_reflective_bands_02.jpg

グリーンオーナメント製のリフレクティブバンド2Pという物で、
黄色と白色の2セット分(2本入り計4本)を購入したので感想とか。

20140218_seria_reflective_bands_03.jpg20140218_seria_reflective_bands_04.jpg

中に鉄板バネが入ってるので普段はクルッと丸まってますが、
引っ張り出して端を押さえると真っ直ぐ伸びて固定されるので、
自転車に乗る時だけでなく散歩やジョギングその他用途にも
アイデア次第で使えそうです。
ちなみにサイズは約30×300mmで重量は約14g(1本当たり)。

20140218_seria_reflective_bands_05.jpg20140218_seria_reflective_bands_06.jpg

スポーク反射板の時と同じ条件でストロボ撮影した結果は良好で、
表面積や有効範囲が広いぶん感度は期待できそう。

20140218_seria_reflective_bands_07.jpg20140218_seria_reflective_bands_08.jpg

というわけで、手首付近に車幅マーカーおよび手信号用として黄色を、
足首付近には裾留めバンド代わりに白色をそれぞれ巻き付けました。
元々チェーンケース付きなので裾を巻き込む心配は無いんですが、
走行風によるバタつきが減り漕ぎやすくなって結果オーライヽ(´▽`)ノ♪

20140218_seria_reflective_bands_09.jpg20140218_seria_reflective_bands_10.jpg

せっかくなので、屋外の少し離れた場所から道交法の保安基準で
決められている前照灯の最低地上高(50cm)位にカメラ位置を合わせ、
内蔵ストロボ水平照射で撮影してみました。
このとき三脚を使ったとはいえ、10秒セルフタイマーでボタン押した
直後に走って飛び乗るル・マン式スタートをする羽目になりましたが、
数テイク繰り返して何とか撮影には成功。

予想通り自動車のヘッドライトに比べれば威力や照射範囲が狭く、
死角になっていた影響もあり手首の反射光は殆ど見えませんでしたが、
足首はほぼ直角に反射したためか結構明るく写りました(実際ライトや
ドライバー目線は少し上なのでテスト結果より良くなるはず)。

とはいえ、手足に付けた反射バンドは遠くからでも目立つらしく、
装着前に比べれば他車から発見されやすくなったのも事実なので、
特に夜間走行時の安全性アップはそれなりに果たしている感じです
(但し相手側から常に認知されるとは限らないので注意)。

あと暗い夜道で反射材を付けず黒っぽい服装で出歩いてる人を
結構見かけるのですが、有ると無いとでは見え方が違うので
反射材を身に着ける事を強くオススメします!!

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 反射バンド 細タイプ 2 本組
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 反射バンド 細タイプ 2 本組

耐久性や性能面を考えたら100円ショップ品よりこれが良かったかも。
関連記事
タグ: 自転車 グッズ 反射材 反射バンド セリア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。