スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアバンドブレーキの引き摺りを修理してみました

私の自転車(安物シティサイクル)の後輪側に標準装備されている
バンドブレーキですが、実は今年初めからペダルの漕ぎが少し重い
事には気付きつつ
何だかんだで手付かずだったわけでして。

20140420_bicycle_band_brake_repair_01.jpg20140420_bicycle_band_brake_repair_02.jpg

長年の使用で汚れや錆などがあるのはさておき、ブレーキドラムと
シュー端の接触で摩擦抵抗が生じて宜しくないのと、季節的にも
暖かくなってきたので修理と調整してみました。

2箇所のロックナットは固着していたものの調整ネジは簡単に取れたので
(その時の写真は撮り忘れましたorz)、

20140420_bicycle_band_brake_repair_03.jpg20140420_bicycle_band_brake_repair_04.jpg

家にあったダイソーのボルト・ナット・ワッシャーセットを引っ張り出して、

20140420_bicycle_band_brake_repair_05.jpg20140420_bicycle_band_brake_repair_06.jpg

外した物と同様に新品ボルトとナットを組み合わせブレーキ本体に仮止めし
ブレーキシューの間隔を微調整したのち、ボルト頭にドライバを当てつつ
固定させたまま下のロックナットをスパナで回して本締め。
中に寸法ピッタリのボルト(M5×12mm)が入っててホント良かった~。

20140420_bicycle_band_brake_repair_07.jpg20140420_bicycle_band_brake_repair_08.jpg

あとはブレーキを含む作動チェックと試乗して問題無ければ完了。
ただし古いせいかシューの隙間は均一にならず最小部分に合わせました。

ネジ周りだけ新品で見た目の違和感はありますが、ブレーキ調整後は
乗って漕ぎ出した瞬間から思いっきり踏みの軽さと加速に差が出て、
特に発進や上り坂においてロスが減り軽快な走りが蘇りましたヽ(´▽`)ノ♪
バンド状のシューをドラム外周に締め付ける構造上ブレーキ鳴きは
仕方ないんですが、取りあえず正常範囲に戻ったので良しとします。

バンドブレーキ90φ ブラック (自転車用ブレーキ)
バンドブレーキ90φ ブラック (自転車用ブレーキ)

ちなみに標準装備のバンドブレーキは唐沢製ですが、

唐沢製作所 『AN-BL』AN-BL サーボブレーキ ワイヤー式/ブラック [511-00011]
唐沢製作所 『AN-BL』AN-BL サーボブレーキ ワイヤー式/ブラック [511-00011]

今後ブレーキを変えるとしたら、バンドブレーキより音が出にくく
互換性のある同社サーボブレーキが良いのかなと思ったり。
まぁ交換するかは後々に不満が出たらって事で。
関連記事
タグ: 自転車 ブレーキ バンドブレーキ 修理

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。