スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5LEDテールライト修理という名の雨対策その2

去年11月ごろ行った修理ついでに防水対策も施したんですが、

20140516_seria_5led_bicycle_rear_light_repair_01.jpg

わずか2ヶ月程でPP(ポリプロピレン)製ブリスターパックで自作した
雨除けが割れ始めて、その度にセロハンテープで補修という事を
続けてたものの、さすがに見た目のボロさ加減に耐えかねたので
別の素材を使って作り直しました。

20140516_seria_5led_bicycle_rear_light_repair_02.jpg

というわけで、壊れたプラ製の雨除けをカッターナイフで削り取ってから、

20140516_seria_5led_bicycle_rear_light_repair_03.jpg20140516_seria_5led_bicycle_rear_light_repair_04.jpg

黒い布ガムテープを切って接着面を紙ヤスリで下地処理したのち、
瞬間接着剤を塗って電池蓋に貼り付け(こうしないとすぐ剥がれます)。
この布ガムテープと瞬間接着剤の組み合わせは泥除け改修時にも
使った
んですが、入手性が良く安上がりな割りに目立った剥がれや
破損は無く耐久性もありそうなので今回も採用。
PP樹脂より柔らかいのでボタン操作への影響も少ないです。

20140516_seria_5led_bicycle_rear_light_repair_05.jpg20140516_seria_5led_bicycle_rear_light_repair_06.jpg

ライト本体内部のLED制御基板やスイッチ類の動作は正常だったため、
ニッケル水素充電池を入れ蓋をして自転車のシートポストに装着。
これで見た目は良くなり雨の中を走っても不具合は生じなかったので、
よほどの暴風雨に晒されない限りたぶん大丈夫でしょう。

06/17追記:
経年劣化や雨除けの厚みでライトの着脱がキツかったせいか、
取付用ブラケットが折れてしまったので再修理しました。
関連記事
タグ: 自転車 LED テールライト セリア ダイソー 修理 改造 雨対策

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。