スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AZウレアグリスと注入用にダイソーのシリンジを購入

というわけで、自転車弄り御用達らしいAZウレアグリス80g
詰め替え用シリンジを今更ながら買ってみました。

20140608_az_urea_grease_01.jpg

シリンジは某ダイソーのコスメコーナーに売ってた化粧水用スポイト
(108円)で、ウレアグリスは近所のホムセンに無かったため楽天市場の
AZ直営店で購入(こっちは送料を除いて280円くらい)。

近所のホムセンではリチウムグリスや二硫化モリブデングリスは大量に
置いてあったのに、やや高価なウレアグリスは前者より需要少ないのか
採算取れないと判断されたのか見当たらなかったわけでして。それでも
シマノのプレミアムグリス(旧:デュラエース)に比べたら断然安いけど。

20140608_az_urea_grease_02.jpg20140608_az_urea_grease_03.jpg

気を取り直してグリスの蓋を開けシリンジ内部にぎゅぅぅーっと詰めて、

20140608_az_urea_grease_04.jpg20140608_az_urea_grease_05.jpg

使用テストがてら思い付きで「うれあぁぁぁぁ~~~!!」っと紙に書いてみたり。
やや強めにピストンを押し出す必要があってヨレヨレ文字になったのはさて置き、
AZウレアグリスは半透明の薄い黄褐色で使用温度範囲は-20~+200℃、
ちょう度は2号でリチウム万能グリスよりも少し固め。匂いはまさに鉱物系
エンジンオイルそのものでメーカーいわく精製鉱油ベースらしいです。

20140608_az_urea_grease_06.jpg20140608_az_urea_grease_07.jpg

出したグリスはこの後おいしく頂k…ではなくて、有効活用するため
錆びまくりで動きの渋い片足スタンド回転軸周辺に塗り塗り~。

20140608_az_urea_grease_08.jpg

スタンド裏側の狭い隙間にもシリンジを使ってムニュっと注油したところ、
ロック機構も滑らかに動いて手動から半自動にグレードアップ!!
というより本来の機能に戻っただけなんですけどね(汗。

20140608_az_urea_grease_09.jpg20140608_az_urea_grease_10.jpg

試しに上から水をザバッと掛けてもグリスは流れずに残っていて
耐候性は良さそうな反面、手に付いて汚れた場合は石鹸などを
使って洗わないと落ちにくかったりします。
…と言っても、シリンジの中に入ってれば手を汚しにくく量の調整も楽で、
細かい部分へのグリスアップも容易に行えるので問題無し。

AZ 袋入り ウレアグリース ジャバラ400g [ウレアグリス]
AZ 袋入り ウレアグリース ジャバラ400g [ウレアグリス]

ちなみに400g入りのグリスは容量当たりの単価で見ると安いんですが、
個人レベルで自転車を弄る分には多すぎて使い切れそうにないし、
保管中も湿気や空気などの影響で酸化や性能劣化は徐々に進むので
小分けで買ったほうが無難そうです。
関連記事
タグ: 自転車 グッズ メンテナンス ダイソー エーゼット グリス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。