スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェーンを外して洗浄および注油を行いました

前記事に書いた通り新品チェーン交換後に不具合が生じたため
古いチェーンに戻し再利用する事になったのですが、

20140811_bicycle_chain_cleaning_01.jpg20140811_bicycle_chain_cleaning_02.jpg

注油する度に前後スプロケット周りがすぐ汚れる状況を
何とかするべくチェーンを外して洗浄作業などを行いました。

20140811_bicycle_chain_cleaning_03.jpg20140811_bicycle_chain_cleaning_04.jpg

新品交換時と同じ手順でチェーンを取り外してみたところ
細かい隙間に汚れが残ってたので、表面にクレ556を吹いて
ブラシで磨く程度
では殆ど効果が無かった模様。

20140811_bicycle_chain_cleaning_05.jpg20140811_bicycle_chain_cleaning_06.jpg

そこでAZ強力パーツクリーナー(速乾性チェーンクリーナー)と厚手の
空ペットボトルを用意して、汚れたチェーンを容器の中へ入れて
パーツクリーナーを勢い良く吹き掛けてみたところ、

20140811_bicycle_chain_cleaning_07.jpg

一瞬で透明だった洗浄液が真っ黒に…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。
少なくとも1年くらいは注油だけでマトモに掃除してなかったので、
相当な汚れがピンやローラー内部に溜まっていたようです。

20140811_bicycle_chain_cleaning_08.jpg

蓋を閉めてシェイクしつつ時々蓋を開けて揮発性ガスによる
圧力を逃がしたのち、洗浄液の効果をより高めるため再び
密閉した状態でそのまま1日くらい放置。

20140811_bicycle_chain_cleaning_09.jpg20140811_bicycle_chain_cleaning_10.jpg

その後チェーンを取り出して別のペットボトルを加工した漏斗と
キッチンペーペーで洗浄液を濾過し再利用を試みるも…

20140811_bicycle_chain_cleaning_11.jpg

殆ど汚れが取れず効果は無かったので、やっぱり目の細かい
コーヒーフィルターなどを使った方が良いかなぁと思いました
(これは日を改めてリベンジ予定)。

気を取り直して少量のパーツクリーナーで同様にチェーンを
濯いで容器から取り出してみると、

20140811_bicycle_chain_cleaning_12.jpg20140811_bicycle_chain_cleaning_13.jpg

ローラー内側などの細部も綺麗になってましたヽ(´▽`)ノ♪
さすがにプレート表面の浮き錆は取れずに残っていますが、
これだけ砂や油混じりの汚れが落ちれば十分かなと。

20140811_bicycle_chain_cleaning_14.jpg20140811_bicycle_chain_cleaning_15.jpg

仕上げにチェーンを完全乾燥させて、ダイソーのモリブデン入り
万能オイル
に浸して軽く揉んで浸透させるため1晩ほど漬け置き。

20140811_bicycle_chain_cleaning_16.jpg20140811_bicycle_chain_cleaning_17.jpg

最後に前後スプロケットの汚れをウエスで拭き取って落とし、
洗浄済みチェーンを掛け元通りに組み直したら作業完了。

掃除前に比べるとチェーンの駆動抵抗は明らかに減って
漕ぎも軽くなったし、今までは走るたび真っ黒になってた
チェーン周りが再注油から約30km走っても殆ど汚れなくて
まさに快適そのものですヽ(´▽`)ノ♪

自転車にチェーンを付けたまま行うより手間は掛かったものの、
正直言ってここまで効果があるとは思いもしませんでした。
まぁ手間が掛かると言っても、チェーンを外して作業するぶん
自転車や周囲に洗浄液が飛び散って汚れてしまう事は無いし、
後片付けも容易なので楽っちゃ楽だったり。

今回は1万km超えの使い古しチェーンで試したんですが、
慣らし運転後で走行距離や使用期間が短いうちに行えば
磨耗が抑えられてチェーン寿命も延びるかもしれません
(掃除は汚れが目立ってからでも十分そうな気はしますが)。

AZ 速乾性 チェーンクリーナー 650ml ( 原液量500ml・逆さ噴射可能)強力パーツクリーナー
AZ 速乾性 チェーンクリーナー 650ml ( 原液量500ml・逆さ噴射可能)強力パーツクリーナー

ちなみにこのパーツクリーナーはシールチェーンにも使用可能なうえ
安価なので、556を洗浄用に使うくらいならこっちの方が良さそうです。

08/25追記:
チェーンクリーナーを再び濾して綺麗にしてみました。
関連記事
タグ: 自転車 メンテナンス シティサイクル ママチャリ チェーン 掃除 パーツクリーナー 注油

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。