スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用済みチェーンクリーナーを再利用するべく濾過してみました

前回チェーン洗浄を行った際に黒く汚れたAZ製パーツクリーナー
(シールチェーンにも使用可)
を再利用するべく、自作漏斗とキッチン
ペーパーで濾過したら全くと言っていいほど汚れが落ちなかったので、

20140824_bicycle_chain_cleaning_fluid_filtration_01.jpg

某スーパーにて安く購入したサンナップの紙製コーヒー用フィルタ
洗浄剤の濾過を再度試す事にしましたが…、

20140824_bicycle_chain_cleaning_fluid_filtration_02.jpg

実は1週間くらいそのまま放置していたら汚れが殆どビンの
下へ溜まっててかなり綺麗になってたり(汗。

20140824_bicycle_chain_cleaning_fluid_filtration_03.jpg20140824_bicycle_chain_cleaning_fluid_filtration_04.jpg

もちろんココで記事が終わるとネタとして面白くないので、
上澄み液を半分ほど回収して残った液体を再びかき混ぜ
汚れた状態へ戻してから、前述のコーヒーフィルタと前回も
活躍したペットボトル製の漏斗で濾すと驚きの綺麗さに!!

20140824_bicycle_chain_cleaning_fluid_filtration_05.jpg

なりませんでしたぁぁぁぁーーー!!orz。
紙に付着した汚れ具合を見ても前回キッチンペーパーで
濾したのと殆ど変化無くてがっかり(´・ω・`)。

20140824_bicycle_chain_cleaning_fluid_filtration_06.jpg20140824_bicycle_chain_cleaning_fluid_filtration_07.jpg

気を取り直して上澄み液だけ同様に濾してみると、少し汚れが
取れた程度で無色透明へ戻すのは無理そうでした。
まぁそもそも色が無くなる程だったら味も薄くなるでしょうし、
コーヒーフィルタとしては使い物にならない気もしますが。

20140824_bicycle_chain_cleaning_fluid_filtration_08.jpg20140824_bicycle_chain_cleaning_fluid_filtration_09.jpg

左からA(濾過なし)B(濾過)C(上澄み)D(上澄み濾過)の4本を並べて
比較するとAとBは汚れたままなので論外ですが、Cは細かいゴミが
ビン底に溜まっているのに対し、フィルターで濾したDの液体は綺麗に
ゴミが取れてたので最終的にDの方法を選択。

20140824_bicycle_chain_cleaning_fluid_filtration_10.jpg

というわけで、使用済み洗浄液を全部ビンの中へ戻して1晩くらい
振動の無い場所に放置し汚れを分離させたのち、綺麗に洗って
乾燥させたガラスビン(ドレッシング容器)の中へ上澄み液だけ
フィルタで濾過して保管する事にしました。
元の容器がアレなので若干しそっぽい香りはるすものの、
洗浄効果にはそれほど影響無さそうなのでまぁ良いかなと。

AZ 速乾性 チェーンクリーナー 650ml ( 原液量500ml・逆さ噴射可能)強力パーツクリーナー
AZ 速乾性 チェーンクリーナー 650ml ( 原液量500ml・逆さ噴射可能)強力パーツクリーナー

ぶっちゃけ安物パーツクリーナーを再利用したところで経費削減
効果があるかは微妙なんですが、使用量が減る事で環境負荷は
少なくなりそうな気はしたり。
関連記事
タグ: 自転車 メンテナンス チェーン パーツクリーナー 濾過 再利用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。