スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車用の古いブロックダイナモライトをLED化しました

しばらく100円ショップの電池式LEDライト2発(ランチャー9および5LEDフラッシュライト)を使い続けていたものの、日が短くなり夕方頃には真っ暗という状況で不安を感じたのと、ほぼ乗る度に電池交換および充電を行う必要があり面倒になってきたので、

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_01.jpg

2年前から出番が無くお蔵入りしていた初期装備の豆電球式ダイナモライト(サンデン製City8)を引っ張り出して白色LED化を施す事にしたのですよ。…と言っても改造方法はネット上に出回っていて何番煎じ感はありますが、何らかの参考になれば良いかなぁと思いつつ掲載。ちなみにライトの改造そのものは今年10月で完了していたのにブログ更新が遅れたという(;´Д`)。

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_02.jpg

まずダイナモライトの分解および豆電球(E10型 6V 2.4W)を取り出したのち、

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_03.jpg20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_04.jpg

飛散によるケガ防止のためビニール袋へ電球を入れて上からゴムハンマーでガラス部分を軽く叩き割って、

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_05.jpg20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_06.jpg

中身の残骸を精密ドライバなどでほじくり出し正極側の半田を溶かして穴を開けます。

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_07.jpg20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_08.jpg
20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_09.jpg20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_10.jpg

予めダイソーで購入したショートランチャー9LEDとナツメ球型LEDのケースを分解あるいは破壊して基板周りを摘出。ショートランチャーのボタン電池(CR2025)とスイッチは他に流用出来そうですが今回は使いません。

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_11.jpg20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_12.jpg

9LEDの基板から正極側バネ端子を外してチップ抵抗[3R3](3.3Ω)は残しつつ、手持ちの1/4Wカーボン抵抗[茶黒黒金](10Ω)1本を正極へ直列に繋ぎ合計13.3Ωとしたのち、絶縁や仮固定を兼ねてクッション両面テープを基板に貼り付け。実はこのとき凡ミスをやらかした事については後述。

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_13.jpg20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_14.jpg

続いて豆電球の金具と1度外したバネ端子の加工品を基板へ合体させハンダ付けして、

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_15.jpg

光軸位置を確認後ボンドGクリヤーで隙間を埋めるように接着して乾いたらLEDユニットは完成。そして作業後にフラックス洗浄を忘れた事に気付くも時すでに遅し…orz。

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_16.jpg20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_17.jpg

気を取り直しつつLEDナツメ球のAC/DC変換基板からダイオード4個以外の部品を取り去って、代わりに丁度良いサイズの電解コンデンサ(16V100μF)とジャンクPCのATX電源から取った銅線をハンダ付け。ソケット周りも再利用するためDC出力側のプラス極に加工した平型端子を取り付けたら、

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_18.jpg20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_19.jpg

ダイナモライト内の板バネ端子をビニールテープで絶縁したのちDC正極側を強力アクリル両面テープで固定。AC入力配線の片方はハトメ近くの根元にハンダ付けしてDC出力と分離させ、変換基板にビニールテープを貼り絶縁を施して前述のLEDユニットを装着(LEDが大きいためリフレクター前部から差し込んでます)。AC/DC変換基板はコンデンサを下向きにして予備電球スペースに何とか収めました。

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_20.jpg20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_21.jpg

あとは残りのAC入力配線をダイナモ端子に繋いでライト部分を組み込んだら完成。ライトのレンズ上部は作業中に誤って割ったため瞬間接着剤で補修してます。

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_22.jpg

装着前に暗い部屋で動作確認を行いましたが、ローラー部分に手を当てて往復させただけでもシッカリ点灯するのはさすがLEDで、従来の豆電球が同じテスト条件で暗く弱々しい光だったためにその性能差は歴然!!

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_23.png

ちなみにBSch3Vというエディタを使って書いた回路図がこれで、交流電源をダイオードブリッジによる全波整流と平滑用コンデンサで直流化して、そこから保護抵抗による電流制限を経て並列接続のLEDを点灯させています。本当は品質や電流特性のバラつきを抑えるためLED1本ごとに抵抗を直列に繋ぎたかったのですが、部品コストや基板設置スペースの都合により最小限の構成で妥協(そもそも100均とジャンク部品の寄せ集めなので色々とお察しください)。

計算上は時速15km/hの状態でダイナモ出力がAC6Vと仮定して、ブリッジダイオード経由の電圧降下(-1.2V)でDC4.8V、並列の白色LED(定格3.5V 20mA)9個に対して抵抗値13.3Ωなので消費電流は約半分の98mA程度となりますが、速度や発電量が増える場合も考えて少し余裕を持たせています(単に手持ち品で合うのを見繕っただけとも言う)。

20151223_bicycle_dynamo_led_light_modify_24.jpg

というわけで自転車のフロントフォークに取り付けて前輪を手で回してみるとこんな感じです。



動画を見ての通り低速&低回転時においても実用範囲の明るさを維持していて、平滑用コンデンサを入れた事により歩く速さでもLEDのチラつきは殆どありません。あと消費電力が減った影響かペダルを漕ぐ時の負荷も軽くなって、何より電池残量の心配をしなくて済むのは気分的にもすごく楽ですねヽ(´▽`)ノ♪

ダイナモ(発電機)の駆動音に関しては気持ち少し減ったかなぁという程度で、速度を上げると回転部分の共振により音や振動が大きくなるのは相変わらず。しかしライト本体の経年劣化やタダ同然の材料費などを考えれば上出来で、鳴り響く音により前方の歩行者が振り返る事もあったりと安全性アップには貢献してます。むしろもっと早い時期に着手していれば良かったなぁと思ったり。

とはいえ手間や信頼性を考えると以下の物を入手するほうが無難な気はしつつ、今回のように限られた資源を有効活用する方法もありますよって事で。


マグボーイ LED 丸善電機産業 MLC-1-BK2


カテゴリ:パナソニック|自転車用ライト|ヘッドライト|||【即納】パナソニック SKL095 (NH-V90...

ぶっちゃけ道具類なども揃えたら新品LEDライトが余裕で買える金額になりますからね(;´Д`)。

12/24追記:
ブログ更新後に抵抗カラーコードの見間違いに気付いたため修正しました。赤色と茶色は似ていて見分けが付きにくく厄介というより、横着せず事前にテスターを使って数値を調べれば良かったです。今回は何とか結果オーライでしたが気を付けなきゃですね。
関連記事
タグ: 自転車 改造 ダイナモライト LEDライト ダイソー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ソラリス

Author:ソラリス
自転車(改造シティサイクル)を弄ったりしてます。なお、記事中の方法を用いて何らかのトラブルが生じても当方は一切関知しません。メンテナンスや改造などは自己責任にてお願いします。

メインブログはこちらになります。

最新記事
 
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキングなど
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。